ペット火葬についてチェック~動物霊園かペット葬儀社に依頼しよう~

人気の手元供養

遺影

手元供養は基本的に自由

ペットの死後、大阪では動物霊園やペット葬儀社が行うペット火葬を行ってから供養するのが一般的です。ペット火葬では、合同火葬で返骨されずに供養塔などで合祀されるプランもありますが、業者が拾骨した後に返骨されるプランや、飼い主自身がお骨上げできるプランもあります。遺骨の供養方法は自由ですから、自宅の庭に散骨する人もいれば自宅にて保管する人もいます。大阪ではペット火葬後に返骨してもらい、自宅で保管する手元供養の人気が上昇中です。大阪では人間のように仏壇を置く人は少数派ですが、棚の一部に遺骨や花、フードなどを置いて供養している人は少なくありません。亡くなってもペットの存在を身近に感じたい人は、ガラスなどの容器に入れて飾ることが多いです。それから、手元供養のためのグッズは様々な企業から発売されており、大阪のペット葬儀社などでも取り扱っています。例えばブレスレットなどアクセサリーの裏側に穴が開いていて、遺灰を入れられる構造になっている商品は、ペットといつも一緒だということを感じさせてくれます。それから、室内やベランダなどに置ける小さいペット墓石も販売されているので、やや本格的に供養したい人に最適です。ペット火葬と墓地での供養をお願いすると、人間ほどではないにしても費用がかかります。しかし、手元供養であれば維持費などはほとんどかかりませんし、毎日でもお参りすることが可能です。ペット火葬の後、供養方法をどうするかまでも前もって考えておくと良いです。特に家族と一緒に飼っていた場合は全員の意見が一致するとは限りませんので、話し合っておくと安心です。

Copyright© 2018 ペット火葬についてチェック~動物霊園かペット葬儀社に依頼しよう~ All Rights Reserved.