ペット火葬についてチェック~動物霊園かペット葬儀社に依頼しよう~

遺影

人気の手元供養

ペット火葬を行った後の遺骨を自宅で保管したり、身に付けたりするのが手元供養で、大阪で人気が出ています。手元供養は基本的に自由ですが、手元供養用のグッズが色々と販売されているので、それを利用するのも一案です。

詳しく見る

犬

ペットを人間と同じように

大阪のような都市部ではペットを埋葬する方法に迷うことがありますが、自治体に連絡することで処分することも出来ます。しかし、最近ではペット火葬を選ぶ人も少なくありません。ペット火葬は施設で行う合同火葬や個別火葬だけではなく、專門の移動式の車で行う移動火葬があります。

詳しく見る

墓

別れの時を作る業者

火葬から霊園の購入まで一貫して一つの業者に任せたい時は、霊園がある位置を考慮した上でペット火葬業者を絞り込みましょう。またペット火葬業者ごとに火葬場の設備も異なります。大阪で即日ペットを火葬したい場合は、火葬車を持っている業者を呼ぶと良いでしょう。

詳しく見る

骨壺

ペットを火葬する際の選択

ペット火葬にかかる費用は種類やペットのサイズによって変動します。例えば大阪で個別火葬を依頼する場合、17,000円から55,000円ほどの費用を用意しておきましょう。火葬を行政に依頼した場合は一般ゴミと同じような扱いを受けてしまいます。しかしペット火葬は人間と同じように送り出せるため好評なのです。

詳しく見る

男性と犬

火葬前に整えたい

ペット火葬を行う前に、家族ができる準備を済ませましょう。副葬品を準備する際は燃やしても問題ないものかペット火葬業者に確認しておくと安心です。自宅にペットを安置することができない時は、霊安室を持っている火葬業者を利用すると良いでしょう。大阪で火葬場に行けない場合、訪問火葬を依頼することも可能です。

詳しく見る

葬儀社などの活用

骨壺

お別れの儀式ができる

大阪でペットを亡くしたとき、自宅に庭があり深い穴を掘れるのであれば土葬という方法もあります。しかし、穴が浅ければ野生動物に掘り起こされる可能性がありますし、腐敗臭が漏れてくる可能性もゼロではありません。都市部であればなおさら近隣に気を配る必要があるでしょう。そこで大阪を含む都市部では、ペット火葬を行って弔う方法が一般的になっています。ペット火葬は、動物霊園かペット葬儀社が行います。人間のように葬儀を含むプランもありますが、大阪では合同か個別でペット火葬を行い、その後の遺骨は合同埋葬する人が多いです。大阪の業者の多くは、ペット火葬を依頼すると遺体を迎えに来てくれます。ペット火葬に立ち会わなくて良い場合は、遺体を預かってもらいそのまま合同埋葬してもらうことができますし、反対に返骨してもらうこともできます。また、ペット火葬に立ち会ってお骨上げを行うことも可能です。こうした一連の流れは業者によって若干違うものの、割合と多くの選択肢が用意されているものです。どうやって見送ってあげたいか、どのようにお別れしたいかなど、ペットがある程度の年齢になった時点で考えておくと、いざというときに慌てずに済みます。それに、自分の理想的な弔い方法で見送ってあげることで、ペットロスを防ぐことができるといわれています。ペットの死は考えたいことではありませんが、前もって心の準備をしておくことは大切なことかもしれません。

Copyright© 2018 ペット火葬についてチェック~動物霊園かペット葬儀社に依頼しよう~ All Rights Reserved.